カラスの童話「ぷらいど物語」

  15, 2012 20:30

今週のロンポポ地方は、お天気大荒れのようです。


毎日寒くて嫌になりますねぇ。







---プライド物語---

DSC01093.jpg 

降りしきる雪の中、

電線に並ぶカラスの親子がいました。



子カラスのピカリが言い出します。



「母さん、寒いよー!」


「そうだねぇ」


「お腹も、空いたよー!」


「そうだねぇ、ぼうや」


DSC01085.jpg 

「皆は、人様達が街のゴミを集める処で、ビニールの袋をつっついて破るだけで、

いっぱい、いっぱい!おいしいエサを食べてるんだってよー!」


「そうだねぇ」


「母さん、僕達もそうしないと・・死んじゃうよー!」


「そうだねぇ」


「どうして皆のようにしないの?」


「母さんはね、人様に、ご迷惑をかけたくないからだよ」


「どうして、それが・・・ご迷惑なの?」


幼いピカリにはわかりません。


DSC01084.jpg

「食べ散らかしたゴミのためだよ。カラスの正しい餌さがしの道に反するからね。


母さんの母さんも、そのまた母さんもね、


このカラスの道をまもって生きていたんだよ」



「ふうん、でも母さん・・・やっぱり、お腹がすいたよー!」
 

「そうだねぇ。」


ピカリは、諦めて小さな黒い肩をすぼめてしまいました。


DSC01077.jpg 

水墨画のような雪の景色は、幼い胸に、ますます空腹を感じさせます。


「母さん・・・?」

ピカリがぽつんと呼びます。



「何だい、ぼうや。きっと、エサはみつかるんだよ」


「いつまで、こうして待つの?」


「みつかるまでだよ、ぼうや」


「みつかるかなあ・・・?」


DSC01079.jpg 


「きっと、みつかるんだよ。神様は、私達を忘れたりはしないんだよ」

「ふうん・・・。」

子カラスのピカリは不満そうに雪の空を見あげました。
 


やがて、雪が降り止みました。



静かな銀色の大地に向けて、

雲の間からほんの少しだけ光が射し始めています。



DSC01191.jpg 

「母さん、餌はみつかるのー?」

「そうだよ、ぼうや!」
 

母さんのサラリは答えてからすぐ、


黒い羽を大きく広げて、バサッーと飛んで、少し離れた畑の雪の上に降り立ちます。



ピカリは電線の上に残ったまま、母の姿をくりくりの眼で追い続けます。




暫らくして、母が大きな声で呼びました。


「ぼうや!ここまでおいで!」

「わ~い、餌がみつかったんだぁ~!」


ピカリは覚えたての急降下で、母の傍らに上手に着地できました。



口ばしで積もった雪を少し掻き分けると、


人様に使い物にならないとされて、

捨てられた小さな芋がいくつもころがっているのが見つかったのです。


DSC01078.jpg


「美味しいねぇ!母さん」


「美味しいねぇ!ぼうや」



二羽は、食べて満足しました。



「さあ、山に帰ろうねぇ」

母が言ったその時でした。


DSC01090.jpg 

「やーい!サラリの親子だぁー!そんなまずいエサ、食べてるのカァ~?

カラスとして恥ずかしくないのカァ~?」



仲間のカラスが母と子をやじりました。


白老漁港 

母サラリはそれに目もくれずに、ピカリに、もう一度言います。



「さあ、山に帰ろうねぇ、ぼうや!」


そうして、ゆっくり飛び上ります。


DSC01086.jpg 

ピカリも、母を追って、慌てて小さな羽を広げて飛びました。



母と子のカラスの親子は、日が沈んでゆく空を南の山の森へと向かいました。



安心して眠れる処へ戻るのでした。  
 



本日の出演者はカラスではなく多分カワウだと思いますが・・・


私にはウミウとカワウの区別が付きません~~

(悪しからず)



豆粒のような鳥をトリミングしたので見難い写真ばかりでご免なさいね。
(長い望遠レンズが必要???)


白老

~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます











今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・
    

         
      ポチっとね~~   
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へにほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 
 

   
  
 
 






スポンサーサイト

6 Comments

Magdalena  

Re: 里美さんへ

こんにちわ

コメントありがとうございます。


> 今日のお話でちょっとだけカラスが嫌じゃなくなったかも。
> ちょっと「ジーン」としたお話でした。

良いお話でしょ~~
一般的にはカラスは嫌われ者ですが・・・
可愛がると人に懐くし・・・

町中に住むようになったのが間違いの元かもね。
人間と野生動物が上手に住み分けて共存できれば最高なんですが・・・

> その後ロンちゃんはどうですか?
> 落ち着いてるといいのですが・・・

発作は一度だけでで治まりましたが、
受診してお薬が増えてしまいました。

でも発作の苦しさを少しでも減らしたいので、
暫らくこの量で様子を見ましょうという事になりました。

お薬の量は体重で決めるのだそうで、ロビンは大きくて少々おデブなので・・・
(ダイエットをまた勧められました)

今までのお薬の量は若干少なかったようです。
でも毎日元気で食欲モリモリロビンです。

ご心配下さりありがとうございます。

2012/02/17 (Fri) 17:45 | REPLY |   

Magdalena  

Re: ヤッターわんさんへ

こんばんわ

コメントありがとうございます。


> こんばんは v-286
>
>  v-352女が自分の乳呑児を忘れようか v-353
>
> と今でも言われ続けてます v-388

> うっv-364マンボッv-364

> 分かってましたか!!鵜っ

> これも子供の頃飼ってたような 



あぁぁ~~ なんとお返事したら良いのやら!!!

何度読み返しても、ぷぷぷ 

可笑しくて  〃   うっ 鵜っ マンボッ


うっ 鵜っ 飼ってた??? 凄~~い マンボッ

2012/02/17 (Fri) 17:33 | REPLY |   

Magdalena  

Re: パリちーちゃんへ

こんにちわ

いつもコメントありがとうございます。
それに引きかえ私ったら・・・読み逃げ記録更新中
今にギネスブックに載りそうな勢いです(あっ ギネス君Blogに載るかな?)

> 凄く素敵!お話とカワウかな?の写真とピッタリ合っていて
> 流石だな~って脱帽です。忙しいのにほんと凄いです。
> カラスの童話 プライド物語良いお話ですね。
> 母親の凛とした姿見らなわなきぁいけないですね(-_-;)

このお話を読んだらカラスも満更でもないでしょ!
カラスって賢いし人に懐くんですよね。

あまり記憶にはないのですが・・・

母方のおじいちゃんがカラスを飼って可愛がっていたそうで
仕事が終わり帰ってくる時間が分かる様で、
その時間になるとカラスが迎えに行き
おじいちゃんの肩に乗って一緒に帰ってきたそうですよ。

2012/02/17 (Fri) 17:26 | REPLY |   

里美  

No title

今日のお話でちょっとだけカラスが嫌じゃなくなったかも。
ちょっと「ジーン」としたお話でした。

その後ロンちゃんはどうですか?
落ち着いてるといいのですが・・・


2012/02/16 (Thu) 23:19 | REPLY |   

ヤッターわん  

こんばんは v-286

 v-352女が自分の乳呑児を忘れようか v-353

と今でも言われ続けてます v-388




うっv-364マンボッv-364

分かってましたか!!鵜っ

これも子供の頃飼ってたような 


2012/02/16 (Thu) 21:09 | REPLY |   

パリちーちゃん  

No title

凄く素敵!お話とカワウかな?の写真とピッタリ合っていて
流石だな~って脱帽です。忙しいのにほんと凄いです。
カラスの童話 プライド物語良いお話ですね。
母親の凛とした姿見らなわなきぁいけないですね(-_-;)

2012/02/16 (Thu) 16:11 | REPLY |   

Post a comment

What's New