阿呆な呟きは終わりにして・・・

  13, 2011 12:00
「我慢は健康によくない」と云うのは、世界共通の健康になるコツ。

食べ物を食べれば排泄をするのが自然の摂理であるように、
ストレスも入ってきたら出ていくのが自然の摂理。


DSC04961.jpg 

食事をすれば、その後、トイレに行きたくなるのは、
おかしな事でも不思議な事でもありません。

DSC04980.jpg 
健康である証拠。

きちんと出すのが健康にいいの。

でもストレスに限っては、入ってきたまま、出さずにいる人が意外に多いとか。

「自分はちゃんとストレスを出している」と思っているあなた。


ここで一つチェックを。

DSC04898.jpg 
最近、きちんと泣いていますか?

泣いているという人は、大丈夫。
きちんとストレスの排泄ができています。

DSC04884.jpg 
でも泣いていないというあなたは、どこかで我慢をしているのでは?


もしかして知らず知らずの間に、
気持ちを抑えて、感情を押し殺し、我慢して・・・

DSC04886.jpg 
本来、涙はストレスを吐き出している表れ。

辛い事がある時、大変な時は、涙が出て当然。

DSC04885.jpg 
涙を流した後にスッキリするのは、

きちんとストレスが出て行った証拠。

DSC04888.jpg 
涙を我慢していると、健康によくありません。

涙をよく流す人は、長生きが出来るそう。

DSC04917.jpg 
たくさん泣く程、ストレスを上手に発散させる事が出来るようです。


悲しい時、辛い時はどんどん泣いて、
たくさん涙を流す方が、健康に良いんですよ。

DSC04890.jpg 
そうは云ったって、

蛇口をひねったら出てくる水道のお水じゃあるまいし
 

涙がザーっと出る訳でもないし・・・

DSC04962.jpg 
声を出して人目も憚らず泣けるなら苦労は無いですよねぇ~~

涙が滲んできたって、「欠伸で涙が~~」って

誤魔化す私って、なんて可愛くないんだろう!

これじゃあ、長生きなんて出来そうにないし

DSC04965.jpg 
でもここはまぁ~ひとつ

美人薄命と云う事で手を打って

一 件 落 着

反論は却下致します~~~

DSC04891.jpg 
本日の阿呆なつぶやきはこれにて 

お し ま い  
チャンチャン



誰にだってあるんだよ
 人には言えない苦しみが

 誰にだってあるんだよ
 人には言えない悲しみが
 
ただ だまっているだけなんだよ
 言えば愚痴になるから

DSC04895.jpg 
~いつも変わらぬ応援 ありがとうございます~      

 



今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・  

        ポチっとね~~  
 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へモバペ|ペット人気ブログランキング 
にほんブログ  



スポンサーサイト

2 Comments

Magdalena  

Re: なっつばーさんへ

こんにちわ

コメントありがとうございます。
お返事遅くなってごめんなさい。

> うんうん、よく泣く私はストレスフリーなおばさんですね。
> TVを見て、本を読んで、旅立った子を想って、先の別れを想像して(バカです)・・・・
> でも、泣くとこは見られたくないですね。


そんな事ありませんよ。
きっと永遠の乙女なのでしょう(?)
素直に感情を表現できるって素晴しいことですよ~~。


> まだこの先、どれだけの別れが待ってるでしょう。
> どれだけ悲しむか分かりませんが、わんにゃんの居ない生活はあり得ないですね。
> 猫なんていっぱい落ちてるし・・・(-"-)


愛する者との別れは、やり場のない辛さですよね。

> 幸い娘家族との同居なんで、私の居なくなった後の心配もいらないですから。
> うんうん、結局幸せなんですね!
> 長々と失礼いたしました。
> 私は・・・、いいえ、小さな命を愛おしむことを知ってる私たちは幸福なんですよね。



本当にそうですね。
愛する者達に囲まれて、何だかんだと言っていられるのは
幸せな事なんでしょうね。

いつもご丁寧なコメントありがとうございます。
楽しく読ませて戴いておりますので、長文、短文どちらも大歓迎。v-392

2011/07/15 (Fri) 13:26 | REPLY |   

なっつばー  

No title

うんうん、よく泣く私はストレスフリーなおばさんですね。
TVを見て、本を読んで、旅立った子を想って、先の別れを想像して(バカです)・・・・
でも、泣くとこは見られたくないですね。

一度だけ、先住犬が亡くなってから獣医さんにお礼に行ったとき、涙と嗚咽がとまらなくなってしまいました。
1年間の介護生活が思い出され、たまらなくなって・・・
長い人生で初めてのことで、泣きながらどうしていいか分からなくなってしまいました。
獣医さんも戸惑われたと思いますが、診察室に招き入れて下さってお悔やみと慰めの言葉を掛けてくれました。

まだこの先、どれだけの別れが待ってるでしょう。
どれだけ悲しむか分かりませんが、わんにゃんの居ない生活はあり得ないですね。
猫なんていっぱい落ちてるし・・・(-"-)
幸い娘家族との同居なんで、私の居なくなった後の心配もいらないですから。
うんうん、結局幸せなんですね!
長々と失礼いたしました。

私は・・・、いいえ、小さな命を愛おしむことを知ってる私たちは幸福なんですよね。

2011/07/14 (Thu) 15:30 | REPLY |   

Post a comment

What's New