どちら様も子育ては大変!!!

  18, 2011 05:00
ご近所のお庭に植えてある高い木に

カラスが巣を作り、もっか子育ての真っ最中


只今の私の楽しみは朝な夕なに、この様子を眺めに行く事です。

DSC03476.jpg

ゴミは散らかすし、威嚇はしてくるし、時には襲いかかってくるカラス

分類学的には、スズメの仲間のなのだそうです。

寿命はおよそ10年~20年位。


DSC03731.jpg

カラスはや~ま~に~~」という歌詞のとおり、

カラスはのどかだった時代の日本では、人と住み分けが出来ていたそうです。


DSC03732.jpg 

人間がカラスの住んでいる山を開発し尽くし、

行き場を失ったカラスが町に出没し、

都市ガラスとして普段通りの生活をして嫌われ者になってしまいました。


DSC03730.jpg 

都市ガラスは、小枝が見つからないので、ハンガーなどを拾って巣の材料にしたり・・・


子育て中は気が荒くなり、そばを通った人を襲ったりしますが 、

カラスにしてみれば、自然の摂理に従っているのでしょうに・・・


DSC03724.jpg 

生ゴミを放置した為に利口なカラスは、

ゴミ袋を破って食事にありつく術をみつけました。


山野より楽に餌が摂れるので、都市型留鳥になってしまいました。

原因は、みんな人間が作ったのです。

DSC03765.jpg 

何でカラスが襲ってくるかというと、

主たる原因は、繁殖の邪魔をされたくないから、威嚇するというもの。


大抵の場合は、襲うよりも威嚇が主の行動をとります。

5~7月に非常によく見られます。

DSC03774.jpg 

また、その他にも巣を落としたりすると、

その落とした人の顔を覚えていて襲ってくる事もあるそう。


カラスは賢く、硬いクルミを車に轢かせて殻を割り中の実を食べたり

うまく割れないと自動車の通り道に置き直す芸当もするそう。

 
私がカメラを構えて立っているので、
遠くのアンテナの上から様子を窺っているお父さんカラス


DSC03769.jpg 

賢さの秘密は脳にある様で 「カラス博士」の宇都宮大学教授のお話によると、

鳥の中でカラスの脳は並外れて大きいそうです。

体重はニワトリの3分の1なのに脳の重さは3倍。


特に発達しているのが線条体で

学んだり判断したりする能力をつかさどるところなのだそう。


この知恵を別けて欲しい私!!!

ちょっと離れた位置に移動すると、
「待ってました」とばかりに餌を持って巣へと飛んで来て


何処も子供を養うのは大変なようで・・・





いつまでも、空を仰ぎカメラを構えていると、

通りすがりの方が「カラスかい?  気をつけなさいよ」と・・・

きっとアホ面で夢中になっている様子は
人目を引くんでしょうねぇ~~~

DSC03775.jpg
~いつも変わらぬ応援、本当にありがとうございます~ 




予約投稿です。
今日のあなたの応援が
明日の私の励みになって・・・

   ポチっとね~~


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ 
にほんブログ村



スポンサーサイト

2 Comments

rovinpopo   

Re: みんこさんへ

こんばんわ

いつもコメントありがとうございます。
私なんて、読み逃げ・ポチ逃げぱかりでごめんなさいね!

みんこさんは、結構カントリー調の暮らしをしていたんですね。
私の祖父もカラスを飼っていたそうです(内緒で。私は記憶にないんですが・・・)

このカラスもなついて、仕事から帰ってくる時間には、
迎えに行って祖父と一緒に帰って来たそうですよ。
(やっぱり人の顔を憶えるってのは本当みたい v-392

2011/05/18 (Wed) 19:23 | REPLY |   

みんこ  

No title

カラスを養っていたことがあります(内緒)
巣から通ってきていた夫婦で ひなが育ったときは
連れて来てくれましてね ぎゃーぎゃー騒いでましたこどもは

2011/05/18 (Wed) 10:56 | REPLY |   

Post a comment

What's New