雨のち曇りで、また晴れる

  22, 2011 06:00
~4/22 金曜日~

さぁ あと一日、元気を出して頑張りましょう!

残念ながら土、日曜日はマークのロンポポ地方
雨もまた楽しからずや!




花のおじいさん

中国の昔話


 昔々、あるところに、とても花の好きなおじいさんがいました。

 自分の家の庭に、いつもたくさんの花を植えています。
 


毎朝早く、おじいさんは庭を綺麗に掃除して、

木にも草にも、一本の残らず丁寧に水をやります。
 


新しく咲きかけの花を見つけると、おじいさんはで、

その花におじぎをしたり、お酒をそなえたりしました。


DSC02858.jpg 

 雨がひどく降ったり、風が激しく吹く時などは、

おじいさんは夜中でも起きだして、庭へ出て花を見回ります。


 もし、折れそうな枝があると、竹で支えをしてやります。
 
しぼんだ花や、散ってしまった花を見ると、

「可哀想になあ」

と、ため息をついて、涙をこぼします。

そうして、散った花びらを掃き集めて、一つ一つ水で綺麗に洗います。

 それからカメの中に入れて、お祭りをしてから土に埋めてやります。

 花のお葬式です。



DSC02416.jpg 


 これ程までに、花を可愛がっているのでした。

 ある日のこと、そのおじいさんの家の側を、乱暴な男たちが通りかかりました。



「おお、ここが花狂いのじいさんの家だな。入ってみよう」

 乱暴者達は、おじいさんの家の扉をドンドンと叩きました。

「おい、おれたちにも、庭の中を見せろ!」



DSC02902.jpg 

 おじいさんはしかたなしに、乱暴者達を入れてやりました。

 庭にはちょうど、ボタンの花がいっぱい咲いていました。


 でも、乱暴者は花も見ないで、仲間達と一緒に酒を飲み始めました。
 
その内に、酔っ払った乱暴者は、そばにあった花の枝を折ろうとしました。

 
おじいさんはビックリして、

「あっ、やめて下さい。花が可哀想です」

と、止めに入りましたが、


「ええい、うるさい! こうしてくれるわ!」

と云って、花をみんなへしおってしまうと、笑いながら庭を出ていきました。



DSC02860.jpg
 

おじいさんは、メチャクチャにされた花を見て、ポロポロと涙をこぼしました。

「ああ、可哀想に、かわいそうに」

 すると、その時、


「もし、もし」

と言う、優しい声がしました。
 

DSC02864.jpg 

おじいさんが振り向いて見ますと、美しい花の仙女が立っていました。


「おじいさん、そんなに悲しまなくてもいいですよ。花はみんな、元の様にしてあげます」

と、いって、パッと消えてしまいました。


DSC024171.jpg 


 おじいさんが花を見てみると、いつのまにか花はみんな元通りになっており、

どの花も、前よりもっと綺麗な色になって咲いていました。


「おお、良かった。本当に良かった。・・・仙女様、ありがとうございます」



DSC02900.jpg 


 そして、あの乱暴者達はというと、

あれからすぐに手や足の動かない病気になったという事です。



 おじいさんは大好きな花と一緒に、いつまでも幸せに暮らしました。



DSC02859.jpg 
~いつも変わらぬ応援、本当にありがとうございます




今日のあなたの応援が
明日の私の励みになって・・・

   ポチっとね~~


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

6 Comments

rovinpopo   

Re: ショウセイさんへ

おはようございます。

コメントありがとうございます。

ダ・カーポの「野に咲く花のように」をお持ちなんですか?
優しい歌声がいいですよね。

山下清画伯のドラマ私も見ていました。
のどかな田舎を歩く画伯の映像が今でも目に浮かびますv-266

少しでも癒しをお届け出来れば幸いです。

またお時間がある時にでも、お立ち寄り下さいませ。

2011/04/23 (Sat) 09:25 | REPLY |   

ショウセイ  

こんばんは

ダ・カーポの曲素敵ですね!

私も「野に咲く花のように」いつもドライブ中に聴いてるんですよ。
昔、山下清画伯のドラマの主題歌でしたよね。

時には辛い人生も雨のち曇りでまた晴れる♪
の詩が好きです。


お写真もキレイでとても癒されました。

ありがとうございましたi-260

2011/04/23 (Sat) 00:10 | EDIT | REPLY |   

rovinpopo   

Re: りなさんへ

こんばんわ

りなさんの知っているお話と今回のお話と元は一緒なのかしらねぇ~~。

日本の民話(昔話)も地方に伝わっていく中で、
少しずつ微妙に変化しているものが多いのでもしかして・・・ですよね。

昔話って何故か心引かれます。
(小さい時、祖母に むかし むかしと読み聞かせして貰った事が懐かしいです)

2011/04/22 (Fri) 22:13 | REPLY |   

rovinpopo   

Re: チャミパパさんへ

こんばんわ

良いことをすれば良いことが、悪いことをすれば悪いことが・・・。
     ↓
そうあって欲しいですよね。
見返りを求めるものではないと云いますが・・・

真面目に、一生懸命生きている者が馬鹿を見る様な
世の中は切な過ぎますよね。

2011/04/22 (Fri) 22:02 | REPLY |   

りな  

似た話を聞いた事があります♪

でも、私が聞いたのは、花には優しいけれど、人には決して心を開かないおじいさんの話。
素晴らしい庭園に近所の人が見せてくれとお願いしても、決して見せずに独り占めしていたおじいさん。
ある夜の嵐で庭がめちゃめちゃになり、嘆くおじいさんの前に現れた仙女にその心持を諌められ、おじいさんが心を入れ替えると誓った所、庭が元通りになりました。
それからと言うもの近所の人にも庭を開放しましたとさ。
と言う流れでした。
教訓が入っているのかいないのか良く分からない不思議な話だな。と思ったんですけれど、元々がこちらの話なら納得です(^^ゞ
子供向けの話だったので、内容を変えられたのかもしれませんね♪

2011/04/22 (Fri) 11:14 | EDIT | REPLY |   

チャミパパ  

No title

良いことをすれば良いことが、悪いことをすれば悪いことがちゃんと自分に帰ってきますよね。

2011/04/22 (Fri) 09:59 | REPLY |   

Post a comment

What's New