ピンクの鈴蘭の筈が・・・

  13, 2017 21:00
ご訪問ありがとうございます。
今日も、気温こそ低めですが良いお天気でした。


本日、またしても叔母の受診付き添いでアタフタした一日になりました。








雨が上がったら早く写真を映さなきゃと思いながら・・・
気付けばそろそろ終盤を迎えていた我が家の鈴蘭。




DSC03746.jpg 



薄いピンク色だったのですが・・・

私のお手入れが悪かったのか、肥料不足だったのか???


殆んど白、辛うじて芯がピンクのようですが・・・あぁあ





スズランの言い伝え


セントレオナールは森の守護神で、純潔で若くたくましい青年でした。
ある日森の中で恐ろしい毒竜に襲われた彼は、3日間必死に戦い、
4日目の朝、ついに毒竜を倒しました。

しかし、セントレオナールも全身傷だらけになってしまいました。
彼の血がしたたり落ちた地を神は聖なる場所とし、
印に白いスズランの花を咲かせたといいます。






一般に出まわっているのはほとんどがヨーロッパ原産のドイツスズラン。

日本に自生する鈴蘭に比べて花が大きく、とてもよい香りを放ちます。




DSC03676 a

(此方は真っ白な鈴蘭です)





我の鈴蘭はすべて自生種の鈴蘭なので、葉の中でひっそりと可憐に花開きます。










いつも応援ありがとうございます。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New