だって  だって ・・・

  22, 2016 11:00
おはようございます。

次々と襲い来る台風の所為で、ちっとも写真撮りに出掛けられず・・・



仕方がないので、今年の5/29に写しボツにしていた鈴蘭のお花のご紹介。

まったく季節感ゼロでごめんなさいね。










DSC002741.jpg

(2016/5/29  平取・鈴蘭群生地にて)





DSC00288.jpg   DSC00287.jpg



ス ズ ラ ン 伝 説


セントレオナードの森の守護神セントレオナードが武者修業に出掛けましたが、
森の中で道に迷い途方にくれていたところ、闇の中から大きな毒蛇が襲いかかってきました。


剣を抜いて、火をはく毒蛇と三日三晩の格闘の末、やっと大毒蛇を倒しましたが、
セントレオナード自身も全身に多くの傷を受けてしまいます。


鮮血が滴り落ちて緑の草を紅に染めた後に、いつのまにか白くて香りを漂わせた鈴蘭が咲いていました。

森のニンフが、若く清らかで逞しいセントレオナードの痛ましい姿に心を痛めて、
この花を咲かせたのだと言い伝えられています。




DSC00279.jpg




ア イ ヌ の 赤 い ス ズ ラ ン 伝 説


昔、銭亀沢の近くに住んでいたアイヌの酋長の娘のカパラペは、村の勇敢な若者キロロアンと恋仲になります。

冬も間近のある日、一人で山に熊狩りに出かけ、巨大な熊に出会います。

キロロアンの射た毒矢は熊の足を傷つけ、熊は怒ってキロロアンに襲いかかりました。

キロロアンは腰のマキリ(小刀)で応戦し、熊を倒しましたが、
自分も脇腹に深手を負い、そのまま死んでしまいます。


翌日、知らせを聞いて村人達と一緒に現場にやってきたカパラペはキロロアンの遺体にすがって泣き崩れました。

それから、カパラペはキロロアンのマキリで自分の喉を刺し、
恋人の遺体の上に重なるように倒れて死んでしまいます。


その時、カパラペの血潮が四方に飛び去り、その辺りに咲いていたスズランの花を赤く染めました。

それ以来、銭亀沢周辺には薄赤く染まったスズランの花が咲くようになりました。[函館市銭亀沢]




DSC00277.jpg

昨年、私も赤い鈴蘭の苗を買い我が家の庭に植えました。
残念ながら、今年は2,3個のお花しか咲きませんでしたが、
きっと来年はたくさんお花がいてくれる事でしょう。

(だって・・・肥料なんてあまり必要のない鈴蘭に、せっせと肥料をばら撒いているんですから?!!!)










いつも応援 ありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ


スポンサーサイト

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/22 (Mon) 22:26 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/22 (Mon) 15:19 | REPLY |   

Post a comment

What's New