人生はいつだって今が最高!

  20, 2013 13:45




DSC00578.jpg DSC00581.jpg


宇野千代のことば


人間とは動く動物である。
生きるとは動くことである。

生きている限り毎日、
体を動かさなければならない。
心を動かさなければならない。

『幸福の法則一日一言』



DSC00542.jpg



一世紀を生き抜いた女作家の宇野千代は、

近代女流作家の中で最も波乱万丈の生涯を送った女性ですが、


その中で最大のピンチを迎えた時の話。



DSC00597.jpg



 宇野千代は、次から次から入って来る金を湯水の如く冗費して

自分の家を建てること10数軒。



出版社を起こしたり、着物の店を経営したり、

ただ書斎で机に向かって大人しく小説や随筆を書いているといった生活ではなかった。 
  


DSC00576.jpg 



 放漫経営のツケとして、乱発した手形が、暴力団に回っていくと言う有様、

その金がないと、殺されると言う土壇場まで追いつめられた。
 


 当時宇野千代は、京橋の裏手で一軒の小さな店を借りて、

「宇野千代きものの店」を開いて着物を売っていました。 




 DSC00589.jpg



 平林たい子は宇野千代のデザインが好きで、この店のお得意様。

平林たい子は、宇野千代とは生まれも育ちも思想的にも違った生き方をして来た。



アナ-キストと結婚した平林たい子は戦前、女児を出産したが、栄養失調で死亡させた。

だが子供の骨を埋める事すら出来ずに、ボストンバックに入れて放浪した程の悲痛な経験の持ち主。



DSC00594.jpg 



 戦後は文化人、作家としてマスコミで活躍して長年の貧困生活を脱して、

いつも粋な着物を着こなして大衆の前に出ていました。




DSC00529.jpg




宇野千代は見境もなく、平林たい子の家へ突っ走った。


「お金を20万円貸して下さい。今日のその金がないと、大変な事になるんです」と言うと、

平林たい子は何も聞かずに金庫の中から、その金を出して貸してくれた」




DSC00601.jpg


 
現在の金額に換算するとどれくらになのか ?


 宇野千代は言う

「そんな切羽詰まった金なら、どうせ返せないのに決まっている、
そう思われた筈であるのに、それでも貸してくれたのであった。

私はその時のたい子の顔を見て、観音さまかと思い、
後光がさしているように思ったものである」と。  




DSC00527.jpg 
 


人生はいつだって今が最高!



DSC00593.jpg

~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~





コメ欄閉じっぱなしでごめんなさいね。
御用のお方は適当なところからお入り下さい。


今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・
      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ






スポンサーサイト

What's New