むかし むかし・・・

  13, 2013 00:00
秋の夜長、昔話でも如何でしょうか?


ちょっとだけ、テレビを消してお付き合い戴ければ・・・





DSCF8187.jpg 


昔、勝山のお殿様には、美しい二人のお姫様がおりました。 



DSCF8207.jpg    

姉姫は色白なので雪姫、妹姫は赤いほっぺなので紅葉姫と呼ばれていました。

ある時、城がいよいよ落ちそうに。



お殿様たちと共に最後まで残った、二人の姫様は敵に囚われられないよう、

崖上抱き合って、ごうごうと渦巻く釜ヶ淵に身を投げました。




DSCF8274.jpg 


 時が流れて・・・


ある日、さっぱり魚の獲れない漁師が釜ヶ淵付近で網を投げ込みました。



引き上げようとすると、なかなか上がりません。



DSCF8226.jpg 


力いっぱいたぐり寄せると、


網の中には大きな白い鯉がかかっていました。




DSCF8223.jpg 


 大物を捕まえ、喜んで帰ろうかと思うと、

"雪姫、雪姫"と女の子の声が聞こえました。




漁師は見回しますが、辺りに人影はありません。

気を取り直し、帰り始めると、また雪姫と聞こえます。




DSCF8224.jpg 


三度目の声に漁師も気味が悪く思ったところ、



魚籠の中にいた白い鯉がぽーんと跳ね上がって、釜ヶ淵の水に飛び込みました。




DSCF8266.jpg 


そして、待っていたように、白い鯉の傍らに赤い鯉が寄りそい、

たちまち深い水底に姿を消していきました。




 この話を聞いた人たちは、

その鯉が勝山から身を投げた、雪姫と紅葉姫の化身に違いないと語り継ぎましたとサ。






素敵な連休になりますように。


DSCF8225.jpg
~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~







今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New