Queen Ann's Lace

  14, 2013 21:00
昨日の疲れが取れないまま朝がやって来た本日。

重い足を引き摺るようにしてロンポポと朝んぽに出発。


その後、ちと辛かったけど・・・一日延ばしにしていたロンポポのシャンプーを決行。


もはや限界、今回は究極のソバプン状態になってしまったお二人さん。



間の悪い事に、シャンプーの最中に札幌に住む妹夫婦がやって来て・・・


昨日のお墓参りも30分違いのすれ違いで顔も合わさず、

私達姉妹、電話で連絡し合う事もなく至って勝手気儘。


居なきゃ居なくて良し、合えればラッキーと思っている様な殺風景な姉妹。

二人っきりの姉妹なのにね!!!









私と娘のマイブーム


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ここ数年、あちらこちらで異常繁殖中のこのお花



母娘でドライブ中、


あれはノラニンジン、これはエゾノヨロイグサ

と夢中になっています。


(写真は全部ノラニンジンだと思うのですが・・・)




DSC09144.jpg 




野菜のニンジン Daucus carota var. sativa の野生種。

根は細く、名前はニンジンでも食べられません。



昭和の初期に牧野富太郎博士によって見出され、現在では日本全土で

特に北海道では普通に見られます。




DSC09149.jpg  DSC09138.jpg




ノラニンジンは、ほとんど根が肥大する事なく、薹が立って花を咲かせます。




セリ科で、ホワイトレースフラワー状の清楚なお花ですが、

よく見ると、中心に一つだけ、赤黒くやや肉質の花弁を持った花があります。





DSC09142.jpg 



図鑑やネットで調べてみましたが中々ヒットせず???




でもなぜ一つだけ?


どんな意味があるの?





DSC09139.jpg



イギリスではこの花を

アン王女のレース(Queen Ann's Lace)と呼び、




レース編みをしていたアン王女が、


誤って指を針で刺してしまい、レースに血が付いてしまったので、


この様になったと言われているらしい事がやっと解りました。





DSC09140.jpg




それにしても・・・




ノラニンジンとアン王女のレースでは雲泥の差があり・・



風にゆらゆらする様はとっても可憐な野の花の風情があり・・・






DSC09141.jpg 




如何せん・・・ノラニンジンと名付けたのは、



他にもハキダメギクとか、ワルナスビなんて名前をつけた先生ですから、 










90歳の時に「草をしとねに 木の根をまくら 花に恋して90年」と言う句を残しています。





DSC09145.jpg 

~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます~










今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・      
        ポチっとね~~      

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

What's New