花菖蒲 最終章 (誰かの為に)

  20, 2012 00:00

三回に亘って見て頂いた花菖蒲も今回でお終いです。



白と紫の花菖蒲


童話と共に眺めて戴ければ幸いです。








ーーー妖精たちのためにーーー

DSC04256.jpg 

昔々、神様は、地上にたくさんの生き者を創られました。

そして、その一つ一つに仕事を申しつけました。



ところがその中に、自分の仕事が判らずにいる二匹の虫がいました。

一匹は草の中に住み、もう一匹は空を飛んでいました。

二匹の虫は、いつもこう言って考えこむのでした。



DSC04278.jpg 

"いったい僕達は、何のために生きているのだろう?"



ある日の事、

二匹の虫は、木や花には妖精という美しい羽をつけた可愛らしい子供が住んでいて、

夜になると、空を飛び回ったり、地上を散歩したりするという事を聞きました。



DSC04282.jpg 

"妖精さんたちが出掛けるのは、いつも夜だそうだけど、

暗くて道がわかりにくいだろうなあ"



何とかして神様のお役に立ちたいと思っていたその二匹は、

そんなことを言いながら、しきりに妖精達の事を心配しておりました。



DSC04241.jpg 

そのうち二匹は、とうとう我慢しきれなくなり、


ある日、"よし、僕達が道案内をしてあげよう!"と決心しました。



その日から、

一匹は空を飛びまわり、もう一匹は草の茂みの中にいて、


妖精達が迷子にならない様に、親切に案内して上げるのでした。


DSC04260.jpg


妖精達は二匹の親切をとても嬉しく思いお礼を言いました。


お礼を言われた二匹も、

自分達が誰かの役にたっている事を知って嬉しく思い、

毎日が楽しく思えるのでした。



DSC04259.jpg 

さて、この二匹の虫の行いを見ておられた神様は、

とても喜ばれました。



そして、その美しい心掛けに感心しご褒美として

道案内をする為の光を二匹に授けました。 



DSC04250.jpg 


皆さんが知っている蛍と土ボタルは、こうして生まれたのです。





この二匹の虫達のような素直で優しい心、

見習わなくっちゃ!
 





暑い日が続いております。


体調管理にお気をつけて、楽しい週末になります様に。


DSC04277.jpg 
~いつも変わらぬ応援、ありがとうございます










今日のあなたの応援が  
明日の私の励みになって・・・     
           
      ポチっとね~~   
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ  にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村       
  
     
           
   


スポンサーサイト

What's New